日本航空は24日、羽田空港国内線の第1ターミナルで、画面に直接触れずに操作できる自動チェックイン機を試験導入した。新型コロナウイルス感染防止対策の一環で、9月15日まで計2台を設置。利用者の反応や運用上の課題などをまとめ、本格導入を検討する。

 非接触型のチェックイン機は、センサーから出る赤外線が、画面から約3センチ離れた空中の指の動きを読み取る。利用者は画面に触れることなく搭乗手続きを進めたり、座席を指定したりできる。

 試験導入中は係員がチェックイン機のそばで操作方法を案内し、利用者に感想などを聞き取るという。