政府は24日、有識者らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、プロスポーツやイベントの5千人の人数上限について、8月末までとしていた期限を9月末まで延長することを決めた。感染状況は一部地域で中高年の感染増により重症者が増加傾向にあり、感染拡大が再発するリスクがあると評価。スーパーコンピューター「富岳」を使った感染防止策の効果分析も示した。

 分科会後に記者会見した西村康稔経済再生担当相は、感染者数の減少傾向が確認できれば、制限緩和を9月末から前倒しする可能性もあるとも説明した。