新型コロナウイルスの感染リスクを下げるため、日常生活での飛沫の拡散経路を調べている神戸大や理化学研究所のチームは24日、手作り布マスクにも飛沫の拡散防止効果があるとする中間報告を明らかにした。研究には開発中のスーパーコンピューター「富岳」を使用している。

 不織布マスクと手作り布マスクで、せきをした際の飛沫の広がり方を計算し比較した。不織布マスクには少し劣るものの、布マスクも7~8割の飛沫をキャッチできることが判明。チームリーダーの坪倉誠神戸大教授は「布マスクでも飛沫の拡散を防ぐことができ、十分に役割を果たす」と説明している。