立憲民主、国民民主両党と衆院の無所属議員2グループは24日、合流して新党を結成するとの基本合意を交わした。9月に予定する結党大会に向けて、新党参加議員の募集期間や、新代表と党名選挙の日程について協議し、準備を加速させると申し合わせた。

 国民内の民間労組出身議員らは新党の綱領案に盛り込まれた「原発ゼロ」に反発し、修正を求めている。だが基本合意書は冒頭に「綱領案に賛同し、新党を結党する」と明記し、修正に応じない姿勢を鮮明にした。

 立民の福山哲郎幹事長は会合後、新党結成時期について記者団に「9月上旬か中旬で考えている」との意向を重ねて示した。