元衆院副議長で民主党最高顧問などを務めた渡部恒三(わたなべ・こうぞう)氏が23日午前2時ごろ、福島県会津若松市内の病院で死去した。88歳。福島県出身。葬儀は近親者のみによる密葬とし、後日お別れの会を開く方向。

 1969年に衆院に初当選し、自治相や通産相などを歴任。小渕恵三元首相や橋本龍太郎元首相、小沢一郎氏らと共に、自民党竹下派の「七奉行」の1人として地歩を固めた。新進党などを経て2005年、民主党に入党。「政界の水戸黄門」を自称し、ご意見番として存在感を発揮した。