安倍晋三首相(65)は24日午前、東京・富ケ谷の私邸を出発し、慶応大病院(信濃町)に入った。17日に続いて2週連続で、異例となる。首相官邸は「先週の受診時に医師から1週間後にまた来るよう言われており、受診は前回の続き」と説明した。詳細な理由は不明で、与党内に体調不良説が広がりそうだ。首相は24日で連続在職日数が2799日となり、大叔父の佐藤栄作を抜いて歴代単独1位になった。

 首相は午後に病院を出て官邸に入った後「先週の検査結果をうかがい、追加的検査を行った。これからまた仕事を頑張りたい」と記者団に述べた。