【シカゴ共同】米大リーグは23日、各地で行われ、カブスのダルビッシュはシカゴでのホワイトソックス戦に先発して7回を6安打1失点で10三振を奪い、勝ち投手となった。今季初登板後で黒星を喫してから5連勝。試合は2―1だった。

 エンゼルスの大谷はアスレチックス戦に「5番・指名打者」でフル出場し、0―2の三回に22打席ぶりの安打となる逆転の5号3ランを左中間越えに放つなど4打数2安打3打点だった。チームは延長十回、4―5でサヨナラ負けした。

 レッズの秋山はカージナルス戦に「6番・中堅」で出場し、2打数1安打で六回に代打を送られた。チームは2―6で敗れた。