【モスクワ共同】ベラルーシ大統領選でのルカシェンコ大統領の6選に抗議する反政権派の集会が23日午後、首都ミンスク中心部で開かれ、地元ネットメディアによると市民10万人以上が集まった。市民らは「(ルカシェンコ氏は)辞めろ」などと声を上げた。

 9日の大統領選ではルカシェンコ氏が80%超を得票したと発表された。結果を不正として大統領退陣を求める抗議活動は2週間にわたり続いているが、同氏は反政権派との対話を拒否、膠着状態に陥っている。

 ミンスク市民らは「違法な集会」に参加しないよう呼び掛ける内務省の警告を無視して続々と集まり、広場や主要な大通りを埋め尽くした。