ヤクルトは2―2の七回2死一、三塁から、一回に先頭打者本塁打を放っていた坂口の適時内野安打で勝ち越した。八回は山崎の犠飛で加点。小川は7回2失点で6勝目。阪神は打線がつながらず、3連戦3連勝を逃した。