陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京・国立競技場で行われ、男子100メートルは前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が向かい風0・2メートルの決勝を10秒14で制した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が0秒02差で2位。多田修平(住友電工)は10秒37の6位、小池祐貴(住友電工)は8位だった。山県亮太(セイコー)は予選で敗退した。

 女子1500メートルでは田中希実(豊田自動織機TC)が4分5秒27の日本新記録を樹立した。来夏の東京五輪の会場となる国立競技場では今回が初の本格的な陸上競技会で、新型コロナウイルス感染防止のため無観客で行われた。