22日午後6時10分ごろ、長野県御代田町の北陸新幹線佐久平―軽井沢間で、金沢発東京行きはくたか570号が、線路内にあった障害物と衝突した。長野―高崎間の上下線は6時間以上にわたって運転を見合わせた。運転士は「ビニールハウスに衝突した」と話しているという。1本前の上り新幹線が通過した際に障害物はなかった。

 JR東日本によると、運転士がビニールハウスがあるのを見つけて緊急ブレーキをかけたが間に合わず、先頭車両と接触した。乗客約160人にけがはなく、現場で下りのあさま623号に乗り換えた。

 23日は始発から平常通り運行する。