【ソウル共同】韓国大統領府の徐薫国家安保室長と中国外交担当トップの楊潔チ・共産党政治局員が22日、韓国・釜山で会談し、新型コロナウイルスの状況が安定して環境が整い次第、習近平国家主席の訪韓を早期に実現させることで合意した。韓国側が発表した。

 時期は未定で、外交当局が協議する。大統領府は、中国側が「韓国は習主席が優先的に訪問する国」だと確認したと説明した。韓国としては、習氏の訪韓を中国との関係強化につなげたい考え。

 楊氏は最近の米中関係に関する中国の立場を説明。徐氏は「米中の共栄と友好協力関係が北東アジアと世界の平和、繁栄に重要だ」と強調した。