【モスクワ共同】ロシアの反体制派ナワリヌイ氏が機中で突然意識不明となった問題で、入院先のシベリア・オムスクの病院当局は21日、容体が安定したとして、家族らが求めるドイツへの移送を許可した。ロイター通信によると、ナワリヌイ氏を乗せた医療輸送機が22日、オムスクを出発した。ベルリンの病院に移送される。

 病院で同氏から何らかの毒物が検出されるかどうかが焦点となる。

 ロシアメディアによると、オムスクの病院当局は、ナワリヌイ氏が毒物を盛られた可能性を否定した。一方、同氏の関係者は、ロシア当局がドイツで毒物が検出されるのを恐れて出国を妨害していると批判した。