【モスクワ共同】ロシアの反体制派アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が20日、モスクワに向かう機中で突然意識不明となり、シベリア・オムスクで緊急入院した。支持者の間で「毒殺未遂」との受け止めが広がっており、プーチン政権のイメージ打撃につながる新たな難題となりつつある。

 側近や主治医、家族がドイツの病院への移送を希望し、ナワリヌイ氏が入院している病院当局は21日、同氏の容体が安定したとして、ドイツへの移送を許可した。

 ナワリヌイ氏はプーチン政権批判の急先鋒。9月の統一地方選を前にシベリアの各都市を回り、20日、モスクワに帰る機中で意識不明に陥った。