捜査に関する文書7通を廃棄したとして、滋賀県警が公文書毀棄の疑いで、警察署刑事部門にいた警察官4人を書類送検したことが21日、県警への取材で分かった。40代の警部、いずれも30代の警部補と巡査部長、20代の巡査長の4人を7月30日に書類送検した。

 送検容疑は、昨年12月に起きた事件の「捜査報告書」など7通を今年1~4月、シュレッダーで細断した疑い。県警は警察署名や事件の詳細を明らかにしていない。

 県警監察官室によると、警部補と巡査部長、巡査長の3人が書類を作成し、1月に大津地検にコピーを提出。誤記などが見つかったため再作成し、元の文書を廃棄した。