【ニューヨーク共同】米欧主要紙などが加盟する業界団体は20日、米アップルのクックCEOに書簡を送り、アプリ販売市場「アップストア」の契約を見直し、購読料にかかる手数料の引き下げ交渉を求める方針を示した。

 業界団体は、米ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト、ダウ・ジョーンズ、英フィナンシャル・タイムズなどが加盟。アップルの手数料は売り上げの30%で、定期購読タイプは2年目以降、15%となっている。

 業界団体は書簡で、アップルが16年に、アマゾンとの新規契約の手数料を15%に抑える提案していたとして「同じ契約を結べるよう条件を明示してほしい」と求めた。