【北京共同】中国四川省など長江上流域の各地で大雨が続き、中流の湖北省にある世界最大級の三峡ダムに流れ込む水量が20日朝、過去最大規模の毎秒7万5千立方メートルに達した。四川省に隣接する重慶市でも19~20日、市街地で冠水が起きた。中国メディアが伝えた。

 中国では6月以降、各地で断続的に豪雨災害が続く。中国メディアによると、習近平国家主席は18~19日に安徽省の被災地を視察。救助活動中に亡くなった消防隊員らの遺族や被災者を慰問した。今回の災害で習氏の視察が伝えられたのは初。