【ニューヨーク共同】米巨大IT関連企業の株価が株式相場の上昇基調を主導している。米アップルの株式時価総額は19日に一時、米企業として初めて2兆ドル(約212兆円)の大台に乗った。時価総額の上位はIT関連企業が占めている。

 新型コロナウイルス感染症の大流行による経済活動の制限が直撃した旅行やエネルギー関連企業は業績が落ち込む一方で、デジタル化の追い風を受けた米巨大IT企業は成長が加速。買い安心感から投資マネーが集まっている。

 米調査会社ファクトセットによると、アップルの19日終値の時価総額は1兆9788億ドル。日本企業最大のトヨタ自動車の約9倍だ。