【ワシントン共同】11月の米大統領選で政権奪還を目指す民主党は19日、オンラインによる3日目の党大会で、副大統領候補にアジア系の黒人女性ハリス上院議員(55)を指名した。ハリス氏は受諾演説で「黒人、白人、中南米系、アジア系、先住民を一つにできる大統領が必要だ」と述べ、大統領候補となったバイデン前副大統領(77)への支持を訴えた。トランプ共和党政権下で進む社会の分断解消に向け、多様性や包括性を前面に押し出した。

 民主党は、バイデン氏勝利と共に、女性、黒人として初となる副大統領誕生を目指す。バイデン氏とのコンビが正式に確定した。