【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比75銭円安ドル高の1ドル=106円09~19銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1833~43ドル、125円60~70銭だった。

 19日公表された7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けて、金融緩和強化の観測が後退し、米金利が上昇。日米の金利差が意識され、円売りドル買いが優勢となった。