新型コロナウイルスの感染拡大を受け日本栄養士会は、今年の「栄養週間」(8月1~7日)のテーマを「感染症予防」とし、対策に役立つ食事レシピを特設サイトで紹介している。健康づくりを栄養面からサポートする取り組みだ。

 彩り豊かな野菜を使った「豚しゃぶの香味あえ」や、電子レンジで調理可能な「さば缶と野菜飲料のカレー」など約360件が、一緒に食べるのに適した料理と共に掲載されている。

 栄養士会はこれらを「予防めし」と名付け、タンパク質や食物繊維など複数の栄養素がバランス良く摂取できるとしている。有志の管理栄養士らが考案し、一部は調理動画も公開している。