日本感染症学会の学術講演会が19日、東京都内で開かれ、理事長の舘田一博・東邦大教授は冒頭の講演で、国内での新型コロナウイルスの感染状況について「今まさに第2波の真っただ中にいる」との見解を述べた。

 一方、西村康稔経済再生担当相は同日の記者会見で第2波との見方について問われ「定義があるわけではないが(現状は)大きな波であることは間違いない」と語った。

 舘田教授は「東京でもピークを超えたようにみえるが、果たしてこのまま下がっていくのか、再上昇は見られないかどうか、注意をもっていかないといけない」と話した。

 学会の講演会は21日まで開かれる。