日本列島は広く高気圧に覆われて晴れ、19日も厳しい暑さとなった。各地で最高気温が35度以上の猛暑日となり、西日本では38度台も。大分県豊後大野市と宮崎県えびの市で38・7度を観測した。気象庁は20日も猛暑が続くとし、小まめに水分を補給するなど熱中症への対策を呼び掛けた。

 気象庁によると、38度台は他に、大分県日田市38・6度、大阪府豊中市38・4度、京都市中京区と兵庫県豊岡市38・3度など。熊本県人吉市は37・8度で、この地点の観測史上1位の記録と並んだ。全国921観測地点中、午後5時現在で30度以上は767地点、そのうち猛暑日は197地点に上った。