野党は19日、体調不良説がくすぶる中で公務を再開した安倍晋三首相に対し、国会への出席を一斉に求めた。立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で、首相が17日の慶応大病院滞在を「検査」と説明したことを踏まえ「検査ならしっかりと国会に出てきて、健康状態を含めて説明していただく必要がある」と注文した。

 共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で、首相が公務への意欲を示したことに触れ「復帰の第1ステージは(予算委員会の)集中審議ということでどうか。本人がおっしゃっているなら大丈夫だろう」と要求した。

 社民党の福島瑞穂党首も会見で、臨時国会召集を改めて訴えた。