新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、入国を規制している日韓両政府が、両国の留学生2人がそれぞれ交通事故に遭った際、人道配慮の観点から特例で両親の入国を認めていたことが1日までに在札幌韓国総領事館などへの取材で分かった。

 日韓関係に詳しい北海道大大学院の玄武岩教授は「規制の厳格な適用もできた中、両親の苦しい思いをくみ取った。不正常な両国関係を突き動かす一つの好例になるのではないか」と話す。

 「事故に遭ったと聞いて世界が止まったようだった。(息子の)状態を確認し、やっと安心できた」。北大に留学中の金竜上さん(21)の父親(48)は振り返る。