【北京共同】中国の習近平国家主席は31日、独自の衛星利用測位システム(GPS)「北斗」の全世界での正式な運用開始を宣言した。中国国営中央テレビが報じた。習指導部は「宇宙強国」を掲げ、開発を通じ国威発揚を図っている。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は31日の記者会見で、北斗は200以上の国と地域をカバーし、半数以上の国が北斗システムの利用を始めたと紹介。「完全に平和目的で使う」と語った。

 同時に高品質のサービスを全世界に提供し、人類に幸福をもたらしたとして「中国人民は誇りに思い、奮い立つ日だ」と強調した。