河野太郎防衛相は9日の参院外交防衛委員会の閉会中審査で、北朝鮮が新型ミサイル開発などにより攻撃手段を多様化しかつ強化しているとの認識を示した。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画断念を受け、政府内で新たな脅威への対応策を議論していくと強調。「どう対抗していくか。あらゆるカードをテーブルの上に並べて議論をする必要がある」と語った。

 北朝鮮がミサイル防衛網を突破するために低い高度で変則的な軌道で飛行する新型ミサイルの開発を進め、同時に複数のミサイルを撃ち込む「飽和攻撃」能力向上などを図っていると指摘した。