梅雨前線の影響で西日本や東日本は10日にかけて局地的に雷を伴う1時間に50~80ミリの非常に激しい雨が降るとして、気象庁は9日、これまでの雨で地盤が緩んだ地域を中心に土砂災害や洪水への警戒を呼び掛けた。最短でも12日ごろまで大雨が続く恐れがある。

 同庁によると、前線は10日には日本海から東北に達する。九州では前線が対馬海峡付近まで北上し、停滞する。朝には東シナ海で低気圧が発生し、11日にかけて日本海に進む見込み。前線や低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が安定せず、前線の活動が活発になりそうだ。9日は浜松市で1時間に66・0ミリの雨を観測した。