「牛角」などを運営する外食大手コロワイドは9日、定食チェーンの大戸屋ホールディングス(HD)の株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。最大71億円を投じ、現在19・16%の株式保有比率を51・32%まで買い増して子会社にする方針だ。新型コロナウイルスなどの影響で大戸屋HDの業績は悪化しており、食材調達や配送の共通化を進めて立て直しを目指す。

 大戸屋HDは「現時点でコメントすることはない」とした。ただ子会社化には反対の姿勢という。経営を巡って両社は以前から対立している。対象企業の経営陣から同意を得ず、一方的に行う敵対的TOBに発展する可能性が高い。