中日は3―3の三回にA・マルティネスの遊ゴロの間に勝ち越し、京田の適時打で加点した。ヤクルトも四回に山田哲が2点適時打を放ち、すぐさま追い付いた。その後は両チームとも救援陣が踏ん張り、無失点でつないだ。