野党は8日、河井前法相と妻の案里参院議員が公選法違反(買収)の罪で起訴されたことを受け、議員辞職を一斉に求めた。法相に起用した安倍首相に「最大の責任がある」(共産党の穀田国対委員長)として、予算委員会集中審議を開いて説明するよう迫る構えだ。

 立憲民主党の福山幹事長は「夫妻は起訴を契機に、潔く議員辞職すべきだ」と要求。「首相は法相に任命したことを国民に謝罪し、自民党本部の1億5千万円がどのような形のお金だったのかも明らかにすべきだ」と述べた。

 国民民主党の玉木代表は「夫妻を野放しにしている自民党の責任も重い。責任を持って辞職させるべきだ」と主張した。