架空の大麻売買を持ち掛け誘い出した男性(23)を集団暴行し重傷を負わせ現金を奪ったとして、大阪府警は7日、強盗致傷の疑いで、府内の17~18歳の男子高校生ら5人を逮捕したと発表した。うち1人は「スリル感を味わうためだった」と供述し、仲間も「大麻なら警察に被害を言わないだろうと思った」などとしている。

 大阪地検は7日までに5人を家裁送致した。逮捕容疑は共謀し、SNSで「お酒よりも楽しいものがあります」と書き込み、大麻の購入を申し出た当時大学生の男性を昨年9月23日、同府東大阪市の公園に誘い出し、鉄パイプで殴るなどして現金約8万円を奪った疑い。