【ニューヨーク共同】米大リーグは6日、新型コロナウイルスの影響で従来の162試合から60試合に縮小する今年のレギュラーシーズンが23日(日本時間24日)に開幕し、田中が所属するヤンキースが敵地で昨季のワールドシリーズ覇者ナショナルズと対戦すると発表した。当初3月26日から約4カ月遅れの開幕となる。

 23日はドジャース―ジャイアンツを含む2試合のみで、その他の球団は24日(同25日)に今季初戦を迎え、投打の「二刀流」復活が期待される大谷のエンゼルスは敵地でアスレチックス戦に臨む。