ダイハツ工業は6日、九州での大雨の影響で、軽自動車を生産する大分工場(大分県中津市)とエンジンを生産する久留米工場(福岡県久留米市)の稼働を同日午後3時以降、取りやめたと明らかにした。7日以降は通常通り稼働させる予定。

 マツダも本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)で6日午後の操業を停止した。JR西日本の運転見合わせなどの影響を考慮したという。