愛知県がんセンターとNECは6日、人工知能(AI)を使って、がん細胞のゲノム(全遺伝情報)などから、免疫細胞ががんを攻撃する際の目印となる「がん抗原」を精度良く特定する手法を共同で開発すると発表した。特定したがん抗原を患者に投与することで、免疫のがんへの攻撃力を高める「がんワクチン療法」の実用化を目指す。

 センターの松下博和分野長は「AIを使うことで、効率よく大規模にがん抗原を探すことができる」と話した。患者によって異なるがん抗原を高精度で特定し、個別にワクチンを製造できれば、治療効果が高まると期待される。