【ウィーン共同】旧ユーゴスラビアのクロアチアで5日、議会選(一院制、定数151)の投開票が行われた。地元メディアによると開票率約95%の段階で、与党の中道右派、クロアチア民主同盟が66議席を獲得し勝利の見通し。最大野党の中道左派、社会民主党の政党連合は41議席とみられる。

 連立政権交渉が焦点となる。第3党につけた右派ポピュリストの新党「祖国運動」は、旧ユーゴのセルビアとの対立をあおる発言など強硬姿勢で支持を伸ばしており、交渉の展開次第では政権の右傾化も懸念される。