ワコールホールディングスは31日、2021年3月期の連結純損益が37億円の赤字(前期は34億円の黒字)になるとの見通しを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛や、店舗が入る百貨店の休業などが響いた。ワコールによると、実際に赤字となれば1949年の設立以来初となる。

 これまで業績予想は「未定」としていた。売上高は前期比15・4%減の1580億円、営業損益は50億円の赤字(前期は66億円の黒字)と予想した。

 同時に発表した20年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比39・7%減の285億円。純損益は31億円の赤字だった。