プロ野球オリックスは31日、チームの管理部門に所属する大阪府東大阪市在住の40代の男性球団職員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。札幌市で行われている日本ハム戦の遠征には同行しておらず、保健所が球団内の濃厚接触者の特定を行っている。

 当該職員の同居家族が26日に体調不良を訴え、翌27日にPCR検査を受けて29日に陽性と判定された。職員は27日からチームを離れて自主隔離した上で30日に検査を受けて陽性と判定された。現在、職員に体調の異常はないという。