30日死去した台湾の李登輝元総統の葬儀に、森喜朗元首相が参列する案が政府、与党内で浮上していることが、分かった。複数の関係者が31日、明らかにした。日台間には正式な国交がないため、政府や安倍晋三首相の「特使」ではない形での出席を想定している。

 葬儀に参列した場合、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、帰国後14日間の「隔離」が必要となる見通し。東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を務める森氏の日程や体調も踏まえ、参列が可能かどうか調整を進める。