【マニラ共同】マスクはガソリンで消毒すればいい―。フィリピンのドゥテルテ大統領が7月31日の演説で、新型コロナウイルスを巡り、科学的根拠のない対策をぶち上げた。ガソリンの業界団体は、吸入すると有害だとして、真に受けないよう呼び掛けている。

 ドゥテルテ氏は同21日の演説でも「マスクをガソリンかディーゼル油に浸せば、新型コロナの野郎は死滅する」と発言し、保健省幹部が「大統領お得意のジョークだ」と打ち消していた。

 しかし、ドゥテルテ氏は今回の演説で「冗談で言っているのではない。本当だ」と反発した。

 保健省によると、国内の感染者は9万3354人、死者2023人。