巨人は0―1の四回に亀井と丸の適時打で2点を奪い逆転した。畠が五回途中で危険球により退場したが、救援5投手が無失点でつないだ。3番手の大江がプロ初勝利。広島は打線が3安打の1点止まりで、巨人戦4連敗を喫した。