日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は31日、東京五輪を目指す選手らが新型コロナウイルス禍での練習など近況を共有し、大会に向けて意欲の維持を図るミーティングをオンラインで開催した。

 19競技から61人が参加。制限された環境でのトレーニングの苦労や国内外での大会再開の見通しを報告し合った。終了後に取材に応じた重量挙げ女子の三宅宏実は「他の選手はどうしているのかと気になっていた。顔を見られてほっとし、前向きになれた」と語った。

 アスリート委員長を務める陸上男子棒高跳びの沢野大地は「選手は(五輪)開催を信じできることに励んでいる」と期待を込めた。