大相撲7月場所13日目(31日・両国国技館)1敗同士の対決で、元大関の平幕照ノ富士が新大関朝乃山を力強く寄り切って単独首位に立った。14日目に照ノ富士が関脇正代に勝ち、ただ一人2敗の朝乃山が平幕照強に敗れれば、2015年夏場所以来となる照ノ富士の2度目の優勝が決まる。

 横綱白鵬が右膝負傷で休場し、正代が不戦勝で10勝目。関脇御嶽海も輝を引き落として10勝3敗とした。小結隠岐の海は勝ち越した。3敗は白鵬を除き、両関脇の2人。

 十両は4敗で明生ら5人がトップに並んだ。