政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は31日、医療提供体制にかかる負荷などに応じて感染状況をレベル0~3の4段階に分けて対策を講じる案を政府に提言した。感染者が急増して次の段階に移る予兆を把握するための指標作りも進めているが、具体案は示されなかった。

 4段階は、感染者が散発的に見つかっているレベル0、クラスター(感染者集団)が発生して感染者が漸増し、医療提供体制への負荷が蓄積しているレベル1、クラスターが多発して感染者が急増、新型コロナ以外への医療にも大きな影響が出ているレベル2、爆発的に感染が広がって医療現場が機能不全に陥っているレベル3とした。