【シドニー共同】オーストラリア政府は31日、米IT大手のグーグルとフェイスブックが、新聞など報道機関のニュースをインターネット上で表示した際の記事使用料の支払いを巡る指針を発表した。2社と報道機関に交渉を義務付け、3カ月以内に合意できない場合は、独立した仲裁人がいずれの主張が合理的か判断し、拘束力のある決定をするとした。

 政府は4月に使用料の支払いを義務付ける方針を発表。日本の公正取引委員会に相当する競争消費者委員会に支払い方法などの指針の草案を7月末までにまとめるよう指示していた。