橋本聖子五輪相は31日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに参加する各国・地域の選手と自治体が交流する「ホストタウン」事業の情報を発信する専用ウェブサイトを開設したと明らかにした。

 全国各地のホストタウンを紹介、検索が可能になっている。既に日本人パラアスリートのメッセージ動画が公開されており、今後は海外選手や自治体によるメッセージ動画なども掲載する。

 橋本氏は「世界中が新型コロナウイルスによる大きな影響を受け、交流活動も大きな制約を受けているが、オンライン交流や、このサイトを通じたメッセージの交換などによりホストタウンを盛り上げたい」と述べた。