江藤拓農相は31日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた飲食業界を支援する「Go To イート」に関し、地域ごとに使えるプレミアム付き食事券の開始時期が当初想定の8月下旬から遅れる可能性に言及した。「9月になるか、もう少し後ろになるか、時期的なものは流動的になった」と述べた。

 地方に新型コロナの感染が広がっているためで、江藤氏は「開始時期も地方の判断が尊重されるべきだ」と指摘した。食事券は都道府県などの単位で発行され、域内で使うことが原則となる。

 長雨などで野菜価格の高騰が懸念されていることについては、価格動向を注視する意向を示した。