58人が死亡、5人が行方不明になった2014年の御嶽山(長野、岐阜両県、3067メートル)噴火の犠牲者遺族らが31日、長野県王滝村側の登山道の規制緩和に伴い慰霊登山を行った。標高2936メートルの王滝頂上への立ち入りが噴火後、初めて許可された。被災者家族会事務局代表のシャーロック英子さん(61)は「一歩前進するための一区切りにしたい」と語った。

 行方不明になっている愛知県刈谷市の野村亮太さんの父敏明さん(60)は「6年間、ずっと会いたい気持ちでいっぱいだった。早く家に帰してあげたい」と述べた。

 一般登山客向けの規制解除は8月1日から行う。