政府は31日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、1日当たりの新規感染者が千人を超え全国的に拡大している状況への対応策を議論した。都道府県がコロナ対策を強化する際の判断材料となる指標や具体的な手法を検討する見通し。

 加藤勝信厚生労働相は冒頭のあいさつで「増加し続ける感染者への対応で医療現場の負担感が強まっていて、重症者数が少しずつ増えている。保健所機能の増強、検査態勢の充実、病床や宿泊療養先の確保に向け、支援を行っていきたい」と述べた。

 西村康稔経済再生担当相は「判断の指標と取るべき対策についてしっかりと議論したい」と話した。