萩生田光一文部科学相は31日、来年1月の大学入学共通テストを巡り、現役受験生に聞き取りをしたところ、約3万2千人が「第2日程」、約43万1千人が「第1日程」の受験を希望していると明らかにした。豪雨被災地の高校などの回答が含まれておらず、集計は中間段階としている。今後さらに精査する。

 共通テストの第1日程は来年1月16、17日。新型コロナウイルス感染症の影響による学習遅れに対応するため、2週間後の同30、31日に第2日程を設けた。文科省は会場準備などのため、7月から高校を通じて意向を調査している。

 共通テストは大学入試センター試験の後継としてスタートする。